top
Line

【bathリフォーム】「お風呂・浴室」のリフォーム

main-top

Bath reform Point

「お風呂・浴室」のリフォームのポイント

Line-仕切り

「お風呂・浴室」のリフォームについて

1.長持ちさせる為のメンテナンスや計画的なリフォームが大切です!

愛着のある我が家で、いつまでも快適に暮らしていく為には、リフォームが必要です。
とくに使用頻度の高い場所ほど、「痛み」や「故障」などの悩みが出てきます。
お風呂・浴室は使用頻度も高く、また、いわゆる水周りですので、「カビ」や「滑り」なども出てきてしまいます。
お風呂・浴室は一日の疲れを癒してくれる場所。
やはり、清潔で安心なひとときを満喫したいものですね。
その為のリフォーム! 身体だけでなく心も癒してくれる『ヒーリングバスルーム!』をご提案いたします。

2.ヒーリングバスルームとは?

「寛ぎのひととき、癒しの部屋」を追求した、お客様に満足していただく為の選べるプランになります。
『足を伸ばして寛げる浴槽』や『半身浴ができる浴槽』や『保温性の高い浴室』や『浴室乾燥機がついている浴室』や『仕切りがガラス張りの開放感を演出した浴室』や『浴室から庭に行けるスパ気分のお風呂』など、様々なグレード、カラーバリエーションを持つリフォームプランをご用意しております。

3.ご家族のライフスタイルに合わせたリフォーム
妊婦さんやご高齢者がいるご家庭には、手すりがあると便利です。
ちいさなお子さんがいるご家庭は、滑りにくい材質の『床材』がお薦めです。
「家族みんなで一緒にお風呂に入りたい!」 そんなご家庭は、大きな浴槽や広い浴室にリフォームです。
「リラックスできる自分一人の時間が欲しい!」 そんなお客様は、『半身浴ができる浴槽』や『ジャクジーが付いている浴槽』、『お風呂で見れるTV』などの設置がお薦めです。
「お風呂上りも暖かさを保ちたい!」「普段忙しくて、外に洗濯物を干す時間が無い!」そんなお客様は、『浴室暖房乾燥機』がお薦めです。
4.間取りを変えずにスペースを拡げる魔法

最近の新築住宅の浴室サイズは、ほとんどが1坪(1616サイズ)タイプになっております。
少し前までの住宅は、0,75坪(1216サイズ)タイプです。
もし、お客様の浴室が0,75坪タイプなら、まずは1坪タイプへ広くするリフォームを検討されてはいかがでしょうか?
浴室のリフォームは、洗面やトイレも一体で考えると、さらに快適な空間が広がります。
また、いろいろな制限があって広くすることが出来ない場合でも、視覚的な広がりや、光と風の招き入れ方を工夫することにより、リラックスできる快適な空間へ生まれ変わることができます。

main-bottom